Home > 業務内容 BUSINESS > 海外進出

海外進出

海外に向けて

情報技術の高度化や円高はは、会社の規模に係わらず、自らがグローバルビジネスを待ったなしに展開する機会をもたらしたといえるでしょう。経験の無い中小企業も情報技術を活用すれば輸出入が容易にできる時代となりました。
台湾や香港は日本よりさらに国内資源が少なく国内市場も規模が小さいので、企業規模に係わらず、彼らの販売戦略は最初から海外が対象です。年間売上高が10
億円に満たない企業でも、世界の顧客を相手に元気にビジネスを展開しています。
日本の同規模企業との差は何かといえば、一寸した貿易知識、経験と意気込みであると考えます。日本企業の財産である美的感覚、ものづくり技術、高品質、信用度などを背景に、少しのノウハウを積めば彼らに追従、並走できると確信いたします。

現状打破、将来はグローバルな市場でビジネス展開しようとされている企業は是非ご連絡ください


中国の窓口深圳の駅前 高層ビルが林立する

香港へ進出しよう


他国の企業はグローバル展開が当たり前です。日本はこれからの課題といっても過言ではありません。日本と日本企業の発展の余地はグローバル化次第と言ってよいでしょう。

日本に留まって、良いものを世界に発信する、あるいは中国を含めたアジアで生産するなど戦略は様々ですが、グローバル化のノウハウは自ら海外拠点を作り、情報やノウハウを効率よく取得することが重要です。

中国・アジアへ市場を求める場合、最も適しているのは、ビジネスインフラが整備されている自由貿易港・香港への進出です。
進出のための情報収集、会社登記、銀行口座開設、進出予算積算、仮事務所開設、その他初期の業務代行などをさせていただきます。

香港は世界の工場、中国の窓口に位置し、アジア地域の中心でもあります。更に以下のような利点があり、世界企業の多くが香港にアジアの拠点を置いています。
●自由貿易地域●低い税率●法律・情報・金融などビジネスインフラ充実●狭い地域に全てが集約され効率的●中国、アジアへのアクセス抜群●高い管理力・語学力

 進出に当たり会社登録には諸条件のクリヤーが必要であり、日本からでは時間も費用も掛かります。現地永久居住権を有し信頼あるコンサルタントが初期業務を代行します。時間と費用の大幅な節約となります。  

ビジネスの中心街セントラル

会社登記

先ずは香港へ会社を登記しましょう。登記だけでしたら日本から出張の必要はありません。すべて当社が設立の代行をいたします。登記の住所、銀行口座開設(サインの登録が必要)、ビジネスの内容などご相談に応じます。会社の初期運用につきましても、日本から香港への出張・派遣は膨大な経費がかかりますので、立ち上げ段階では当社が業務代行のご相談に応じます。一連の初度費用と運用費用の積算もいたします。
香港の会社登記証

会社運用

会社を軌道に乗せるには、スタッフの採用、ITなどのビジネス環境整備、市場開拓、サプライヤーの開拓、輸出入業務などの行動が必要です。当社は豊富な経験とビジネスネットワークを使用し、各局面での解決を支援します。
香港の各種情報誌、各種団体からも情報入手
お問い合わせフォーム